MENU

視線を効果的に使う!合コンで使いたい「見つめるテクニック」

合コンにはたくさん参加しても、なかなか気になる男性にアピールできない…。
そんな悩みを抱えている人は多いかもしれません。
何しろ合コンの席は、長くても3時間もあればいい方。
そんな短時間で、複数の男性から一人を選んで効果的に自分をアピールする、なんて、余程器用な人でないとなかなかできるものじゃない、なんて諦めていませんか。
でも、心配はご無用。
相手を見るそんな何気ない仕草ひとつで、男性にぐっとアピールするテクニックがあるんです。
今からご紹介する内容、ぜひ参考になさってみてください。

 

気になったらとにかく見る

いいな、と思う男性を見つけたら、まずは視線で追うことから始めてみましょう。
すると向こうもその視線にきっと気付いてくれるはず。視線が合ったら、さり気なく話しかけてみてください。
そして一度話が終わって、彼が別の女性や友達と話している間も、視線で追うことは止めないで。
相手が自分を見ていなくてもいいのです。とにかくそうやって見詰めることで、彼も必ずあなたの視線に気付きます。
あなたの視線に気付けば、なぜ自分を見詰めてくるのか、と気になり始めるはず。
他の女性とは違うあなたの行動に気付かせることが重要なのです。

 

見つめるのは3秒間

見つめるといっても、あまり長時間じっと見詰めすぎると、かえって怖いと思われたりうっとうしいと思われることも。
そこで気を付けてほしいのが、彼を見詰める時間です。
一般的には、3秒間見詰めて外す、という行動を繰り返すのが効果的と言われています。
この3秒間の繰り返しで、彼も徐々にあなたのことが気になってくるはず。
あくまでもさり気なく、彼を気にしているということを視線でアピールしてみましょう。

 

会話よりも視線を印象付けて

合コンでは、男性側もたくさんの女性と会話をすることになります。
お酒が入ることも多いため、どの女性とどんな話をしたかなんて覚えていられないもの。
それは女性側もそうですよね。
でも、お酒が入っていてもたくさんの女性と会話しても、不思議と、視線というのは男性の印象に残りやすいのです。
だからこそ、気になる男性を視線で追うこと、じっと見詰めること、この「視線のテクニック」を使えば、きっと彼もあなたのことをしっかり覚えてくれるはずです。

 

おわりに

以上、視線のテクニックをご紹介しましたが、これでアピールだけして終わっては、その先に進むのは難しいもの。
十分視線でアピールし、彼も自分を気にしてくれていると思えたら、解散時に積極的に彼の連絡先を聞いてしまいましょう。
肝心なその一手を忘れてしまうと、せっかく視線で印象付けたのに、それだけで終わってしまいます。
気になった彼には、最後に明るく連絡先を聞いて、「あなたが気になっている」ことをはっきりと伝えるようにしましょう。