MENU

次に繋ぐ!初デートのシーン別ポイント

合コンや友達の紹介、または友達から恋人へとなんとか辿りついた初デートの機会、あなたは無駄にしてはいませんか?
1回目のデートから2回に繋ぐことが出来れば、交際確定したも同然です。
一方、1回目から2回目へのハードルは高く、初デートはある意味お付き合いへの最終テストのようなものです。
この最終テストさえ乗り切れば、後は自然体のあなたのままで大丈夫、自信を持って彼との関係を深めていきましょう。

 

■待ち合わせ時間

待ち合わせ時間の15分前は鉄板です。
本来時間にルーズなあなたであっても、この日だけは約束時間をきっちり守りましょう。
30分前から待っていると、逆に相手に重いという印象を与えてしまいます。
また、もしも相手が約束時間丁度に来られなかった場合、申し訳ないという気と遣わせ過ぎてしまいかねません。
何事にも丁度よく、というのがポイントです。

 

■携帯はなるべく見ない

電車でも街中でもスマホを片手に歩いている人をよく見掛けます。
こういったスマホ依存症の方は注意が必要です。
相手とレストランに入り、メニューが来るまでの少しの間スマホを見たりはしていませんか?
意識はしていなくても、常日頃の行動が出てしまいがちなのがそういった気の緩んだ一時です。
相手との会話を楽しむことに集中し、電源を切っておくくらいの心構えが必要です。

 

■ポケットティッシュカバー

女性らしさを連想した場合、バッグの中からハンカチやメイク道具が出て来るかと思います。
しかし、その中でも最も男性にとって女性らしさや安心感を与えるアイテムはティッシュカバーをつけたポケットティッシュです。
彼が食事中、口元が汚れてしまったり、またデート中の飲み物がこぼれてしまった時、さっと出したポケットティッシュが道端で配って貰ったままの消費者金融の広告入りティッシュでは色気も女性らしさもありません。
ハンドメイド感のある、温かみのあるティッシュケースから取り出した1枚のティッシュは、男性が女性らしさを感じる唯一のアイテムでしょう。

 

■会計では割り勘が前提

食事後の会計で、必ず割り勘を前提にした行動を取りましょう。
または、一旦男性が支払いをしたとしても、店を出たらすぐに財布からお金を出して渡すようにしましょう。
ここで受け取る男性であれば、割り勘希望タイプの男性なので今後もこのスタイルを貫くようにし、支払いの申し出を断る男性であったら、その時は有難く感謝の気持ちを言葉にし、次回のデートや細かい自販機などのジュース代などはあなたが持つようにしましょう。
少なくとも奢ってもらって当然という態度だけは避けましょう。

 

■おわりに

初デートは誰でも緊張するものです。
会話も思うように弾まないこともありえます。
だからこそ、マナーや気持ちの部分で見落としのない行動を心掛ける必要があります。
そして笑顔を忘れずにいて下さい。
多少の失敗があっても、笑顔があれば大方カバー出来るはずです。
次に繋がる初デートになることを祈っています!