MENU

男性に態度を通じて好意を伝える方法とは?

お互いに好意を抱いている関係というのは、何となくお互いの雰囲気で分かるものですが、告白は男性側の方からしてもらいたいものですよね?

 

男性の中には、振られるのが怖くて告白ができないという人が多く、相手が自分の事を好きだという確信が持てない時にしか告白できないというテレ屋な一面を持っています。

 

なので、告白してもらうには、「あれ、この子オレのことやっぱり好きなのかな?」というダメ押しの好意を見せて男性から告白してもらいやすくするのが一番効果的です。

 

そこで、口には出さなくてもはっきりと好意を伝えることのできるワードをご紹介します。

 

●男性に態度を通じて好意を伝える方法とは?

・「途中まで一緒に帰ろうか?」
女性側からしたら、気軽に言ってしまうキーワードですが、男性側からしたら、「家まで送ってくれる?」と一緒のように案じてしまう人もいるようで、「せっかくだから食事に行こうって誘われるかも」「この間行って美味しかったレストランに誘ってみよう」「もしも家まで送っていくことになって、上がっていく?なんて言われたら・・・」なんて、親しい関係なら関係なほど、こんな展開を妄想してしまうのが男性のかわいい単純さです。

 

男性は女性から誘われると、たとえそれが家までの帰り道が一緒だからという理由でも、その先の展開まで妄想してしまうほどロマンチストですが、この妄想があなたとの関係を近づけるポイントになりますので、覚えておきましょう。

 

・男友達の中でも、彼だけ名前で呼ぶ
ほかの男友達には苗字で呼ぶのに、好きな男性だけ名前で呼ぶと、呼ばれた本人も「あれっ?」と思います。

 

男性は女子に比べて普段苗字で呼ばれることが多いので、女性から突然名前で呼ばれたら、今まで意識していなかったとしても急に気になったりします。

 

・好きな男性の飲みかけをもらう
特に女性はこういう部分に敏感ですので、自分が好意を持っている男性の飲み物じゃないと関節キスになるようなことは絶対にしません。

 

しかも同じ場所に口を付けるという積極的な行動はキスを連想させ、相手の男性の心をドキドキさせますので、彼の気持ちを一歩前に前進させるのにはもってこいの行動だと言えます。

 

・飲み会や普段の会話のなかでの軽いボディタッチ
男性は女性から触れられると、今まで意識していなかった人で、急に意識しだしたりする単純な部分があるので、今まで仲の良い関係であったのなら、ボディータッチをされたらなおさら意識してしまいます。

 

冗談を言い合っている時に「もぉ〜またそんな事言って」など、軽く彼の身体を押したり、ひざを軽く叩く、立ち上がる時に彼のうでをつかんで立ち上がるなど、ちょっとしたボディータッチは彼の心をドキドキさせますので、チャンスがあったら軽く触れてみてください。

 

おわりに

雰囲気でお互いの事を想いあっていても、一歩前へ踏み出す勇気をくれるのは、ささいな言葉や行動だったりします。

 

自分から告白するのもありですが、どうせなら男性から告白してほしいと思っているのなら、まずは彼に自分の好意を伝えてみましょう♪