MENU

日本人男性の心を掴む女性の特徴3つ

日本人の男性は、他国の男性に比べて愛情表現が控えめだといわれています。
ではそんな日本人男性に愛される女性の特徴とはどのようなものなのでしょうか?

 

彼を立てることができる女性

誰かの前で「ほんとこの人使えなくてさー」なんて馬鹿にされて楽しい気分の男性はあまりいません。
男性のことは、さりげなく立ててあげるようにしましょう。
男性のプライドというのは、高いですがもろいものです。
彼の尊敬できる部分を見つけて、尊敬する姿勢を忘れずに褒めて立ててあげるのです。

 

彼の知り合いの前では、そんな尊敬している部分を褒めると、男性のプライドをくすぐることができます。
ずっと一緒にいるうえで大切になってくる考え方は「いかに相手を尊敬できるか」ということです。

 

尊敬できない相手といっしょにいても、高めあうことができないので、すぐ関係に終わりを迎えてしまいます。
長く一緒にいても尊敬する心を忘れずに持っていられるように、心に留めておいてください。

 

「一歩引く」ということを理解している女性

彼以外に対してでも、「一歩引く」という考え方は、あらゆる場面で必要になってきます。
「本当に主張しなければいけないことなのかな?」「ここは相手に譲ってあげよう」という、一度考えて立ち止まって相手のことを尊重してあげる「一歩引く」という考え方は、古くから日本人にとっては美徳として愛されてきました。

 

なので今でも日本人男性に愛される考え方であり、それをちゃんとわきまえた女性は日本人男性の理想でありつづけているのです。
彼を尻にしこうなんて思わず、相手のことを考えて尊重してあげる考え方を身につけるようにしましょう。

 

言葉での愛情表現を強要しない女性

日本人男性は、言葉での愛情表現を苦手とします。
イタリア人男性は「君は本当は天使なんだよね?」なんて歯の浮く台詞を言ったりするそうですが、こんなことを言う日本人男性なんてあまり言わないですよね。
でも、愛情表現は言葉だけではありません。
ふとしたときにあなたを大切に思っていることが伝わるときが、必ずあります。

 

だから言葉にして愛情表現を求めないようにしましょう。
「私のこと好き?」「愛してるって言ってくれないけど、本当はどう思ってるの?」などと言葉にすることを強要しないようにしましょう。
苦手としていることを強要されることで、あなたのことを面倒くさいと思われかねません。

 

言葉にされなくても愛されていることを感じることができるように、常に彼のそばで彼の行動に気を配ってみてください。
きっと彼の行動から、彼の愛情は伝わるはずですよ。

 

おわりに

日本人男性というのは、今でもやはりどこか「亭主関白」な考え方が抜けきらないのです。
さだまさしさんの「関白宣言」という曲を聞いてみると、日本人男性の理想の女性像が分かりやすく伝わると思いますが、実はどれも、このまとめに書いたものにつながるものばかりなのです。
「亭主関白なんて馬鹿ね」なんて思っていても、このまとめを参考にして男性と接するだけで、男性の心をぐっとつかむことができますよ。